本文へスキップ

活動報告report

2017.8.26 「忘れてほしゅうない」「ここにおるんじゃけぇ」同時上映会

 8月末、佐々木さんの想いや半生を映した映画『忘れてほしゅうない』『ここにおるんじゃけぇ』の同時上映会が開催されました。
 佐々木さんが亡くなってから4年が経ち、当センターにも佐々木さんを知らないスタッフも増えている中、一般の方を含め、約40人が参加。2本を連続上映したのち、休憩をはさんで、ゲストの下之坊修子さん(両作品の制作・監督。「映像発信てれれ」主宰)のお話を伺いました。制作にまつわる様々なお話を聞かせていただきました。佐々木さんと下之坊さんの出会いは強制不妊手術の啓発ビデオ「忘れてほしゅうない」の制作を依頼されたのがきっかけ。撮影を通じてその人柄を知るにつれて、啓発ビデオだけでなく佐々木さんの日常を撮りたいと感じるようになったそうです。ただし、その撮影の中で大変なこともたくさんあったようで…。「車いすの人いっぱい集まって宮島へ花見に行く」と言われ大阪から広島まで来たのに直前で「やっぱり止めた」となったり、「ブラックホールに入ってて今(撮影は)無理なんよ…」と言われ体調を心配してたら「フラれた…」というのが真相だったり。「障害を持ってる人っていい加減な人もおるんや」と思ったとか。
 そうして佐々木さんに振り回されながら「ここにおるんじゃけぇ」ができました。いい加減なところもありつつ、自分の意思はしっかりしていて、「スルメみたいな」佐々木さんに徐々に惚れ込んでいったそうです。また、最近佐々木さんのファンが現れたり佐々木さんを追いかける記者がいたり、亡くなってからも色んな人を魅了し続ける彼女は、私たちが思ってる以上に「すごい人」なのかもしれません。

2017.8.10 毎日新聞に田部元代表の記事が掲載されました!

 当センターの元(初代)代表で、被爆者でもある田部正行を、毎日新聞広島支局の山田尚弘記者が、数回にわたって取材した記事が、8月3日付広島版に大きく掲載されましたので、ご紹介します。

 ※以下、WEB版(下記URL)の記事テキストを転載します。
https://mainichi.jp/articles/20170803/ddl/k34/040/601000c


===================
被爆体験
「核も原発も駄目だ」 乳児で手足まひ、さらに被爆 88歳の田部さん、数年前に /広島

「ゲンバク、ゲンバク……」。東区の公営住宅に住む被爆者の田部正行さん(88)は、「当時の思い出を語ってほしい」と尋ねる私(記者)に対し、同じ四文字の言葉を繰り返した。田部さんの介護を担当して7年目になる訪問介護職員の山田拓さん(33)は「体力が持たず、長い文章を話すことはほとんどない」と残念そうに話した。
 田部さんの手記によると、田部さんは早産だった影響からか、生後半年ごろから手足の硬直が始まり、まひの障害が残った。72年前の8月6日、16歳で爆心地から約1・8キロの広島市舟入川口町(現中区)で原爆の閃光を浴びた。自宅の縁側で新聞を読んでいた際に飛行機が近づくような音を耳にしたという。「B29だ!」。そう思って顔を上げた瞬間、黄金色の光とともに天井が落ちかかってきた。
 暗闇の中、首に傷を負った母孝子さんに背負われて自宅近くの畑に避難し、一命を取り留めた。一家は1年半ほど、壊れた家屋で過ごし、孝子さんは近所で団子や芋などの露店を開いたりして一家の生計を支えたという。
 山田さんは数年前、まだ会話ができた田部さんが当時を振り返る話を聞いたことがあるという。「被爆体験を語った後、『核は廃絶しないといけない。原発も駄目だ』と力を込めていた」と振り返る。
 障害と被爆。二つの試練を乗り越えた田部さんがどのように生きてきたのか、今は想像するしかない。被爆者の平均年齢が81歳を超え、その貴重な肉声を聞く時間が失われている現実を思い知らされた。【山田尚弘】
PDFはこちら

 

2017.6.10 畑俊彦独演会『これまでの人生、すべて語ります』

 6月10日に畑俊彦独演会『これまでの人生、すべて語ります』が開催されました。笑いあり、涙はナシのおもしろエピソードがもりだくさんな独演会でした。今回は広テレの街かど伝言板に出演して宣伝をしたためか、はたまた畑さんの人脈の力か、一般の方の参加が多く、会場がいっぱいになりました。
 さて、独演会の内容ですが、生まれてから現在までの畑さんの歴史を皆さんにお伝えしました。小さい頃からポジティブで、友達に自分が言ったとおりに車いすを押してもらえるので王様気分だったこと。親の顔色を伺いながら介護をしてもらっていたことで、自分の思うような人生が送れないと思ったこと。「障害者甲子園」に参加しそこで出会った女性の尻を追っかけて自立生活を始めたこと。博多ー東京間の主要な駅を回ってバリアフリーを訴える旅、そのゴール地点で綺麗な女性ディレクターにインタビューをされ、調子乗ったことをちらっと言ったらそれが放送されたこと…などなど、笑いが絶えない独演会になりました。どの話も密度の濃いもので、事務局スタッフも聞いたことないような興味深いものばかり。特に、「障害者甲子園」の当時の畑さんが映ったビデオが上映され、16歳の畑さんが映った瞬間、会場がどよめきました(笑)
 また、質疑応答ではこれまでにないほど質問が集まり、その全てには答えきれませんでした。独演会の題名は『これまでの人生、すべて語ります』でしたが、2時間じゃ到底すべて語りきれず、叩けばまだまだ出てきそうなくらい話題が豊富な畑さん。もっともっと畑さんのことを知りたい方は本人に直接お聞きください!

2016.12.18 めざす会レクリエーション もちつき

毎年恒例の年末もちつき大会が行われました!今年は天気の心配もなく、むしろ暑いくらいの快晴でした。
もち米を蒸すところから始まり、杵と臼を使って「よいしょ!」のかけ声と共にもちつきの音が響き渡ります。つきたてのおもちを入れたお雑煮や、よもぎもちを作ったりあんこを入れたり、色んなバージョンのおもちを振舞いました。
年々もちをつく人が高齢化してきて、体力のある若者の参加を呼びかけていました。その甲斐があってか今年は若者がたくさん集まってきて、例年より数時間早くもちをつき終わってしまいました。笑
色んな年代の人たちが集まるいい機会だったと思います♪


2016.11.6 めざす会レクリエーション りんご狩り

6日(日)のオータムレク「りんご狩り」の報告です。
当日はおよそ30人の参加で、三原市大和町の「果実の森」へ行ってきました。往復は広島市の「障害者福祉バス」を借りました。
昼前までは太陽も照って暖かかったのですが、昼頃から雲が出て北風も強くなり、急に寒くなってしまいました。それでも、子どもたち(一部の大人たちも)は芝生広場でかけっこや坂での芝滑りに興じていました。「若いっていいな」との声が漏れていました。
りんごは、おもに「ふじ」と「王林」、「シナノゴールド」の3種類。食べ比べをめいめい楽しみました。が、途中で、申し込みをしていないのにスズメバチまで参加され、そのオーラの強さに、みなさんが後ずさりしていました。参加費をもらえなかったのが残念!


2016.4.3 めざす会レクリエーションお花見

 てごーすの親団体であるめざす会のお花見レクリエーションが行われました。
今年は、久しぶりに、市内中心部、相生橋の原爆ドームの反対側(旧市民球場の近く)の旧太田川の河川敷で行いました。
めざす会の花見は近年、毎回のように雨の心配をしなければいけないのですが、今年は「午後3時以降に雨」の予報!
ドキドキしながら迎えましたが、結局、天気予報の通り、お昼過ぎまで雨は降らず、満開の桜を楽しめました。
また、旧市民球場の広場では、地元の中国新聞社が主催する「春のまるごとグルメフェスタ」という食べ物のイベントが開かれていて、おいしそうなにおいも漂ってきました。また、そのPRのため、マスコットの「ちゅぴこ」が回ってきて愛嬌を振りまいていました。


2016.4.2 中国新聞にパレードの記事が載りました!part.2























 4月1日に行った差別解消法記念パレードについての記事が早速中国新聞に掲載されました!
ずらっと遠くまで続くパレードの行列に圧巻される写真になっています。
パレードについて簡潔に、かつわかりやすい内容です。
是非ご覧ください。
PDFはコチラ


2016.4.1 差別解消法スタート!!記念パレードinひろしま

2016年4月より、障害者差別解消法がスタートされました!
それを記念して全国各地でパレードが企画され、広島でも実施することになりました。
当日パレードに参加された皆様、お疲れさまでした。
原爆ドーム前に350人もの方々が集まり、広島の街を盛り上げていただきました。
当日は朝から小雨が降り続いておりパレードの最中も止まなかったのですが、そんな雨を吹き飛ばすような元気な声でのシュプレヒコールが、多くの通行人の方や電車・バスの乗客にも届いたと思います。
各団体で作られた色とりどりのプラカードやのぼりによって解消法をよりアピールできたのではないかと思います。
約1時間半をかけて広島の中心街を練り歩き、途中で解消法についてのビラを配ったりして周知しました。当日配布したビラはコチラです。
最後に参加してくださった皆様と一緒に記念撮影!
おかげさまでとても充実したパレードとなりました。
当日の様子をご覧になりたい方はコチラへどうぞ。

障害者差別解消法とは…
 この法律は、国や市町村といった役所や、会社やお店などの民間事業者の、障害がある人に対する「障害を理由とする差別」を無くすための決まりごとを定めたものです。
 障害のあるなしに関わらず、すべての人が分け隔てられることなく、お互いの人格と個性を尊重しあいながら共生できる社会を作ることを目的としています。
内閣府の障害者差別解消法についてのページはこちら


2016.3.23 中国新聞にパレードの記事が載りました!



3月23日の中国新聞に障害者差別解消法とパレードについての記事が掲載されました。
川本代表と畑事務局次長がインタビューに応じ、菓子博の事例を踏まえて解消法への思いを記者の方に伝えました。
より多くの方に解消法とパレードについて知っていただけたらと思いますので、是非注目してみてください!
PDFはコチラ

次のページ

障害者生活支援センター・てごーす

〒733-0025
広島県広島市西区小河内町2丁目7-5

TEL 082-294-4185
FAX 082-294-4184
mail tego-s@nifty.com