本文へスキップ

活動報告REPORT

2016.4.1 差別解消法スタート!!記念パレードinひろしま

2016年4月より、障害者差別解消法がスタートされました!
それを記念して全国各地でパレードが企画され、広島でも実施することになりました。
当日パレードに参加された皆様、お疲れさまでした。
原爆ドーム前に350人もの方々が集まり、広島の街を盛り上げていただきました。
当日は朝から小雨が降り続いておりパレードの最中も止まなかったのですが、そんな雨を吹き飛ばすような元気な声でのシュプレヒコールが、多くの通行人の方や電車・バスの乗客にも届いたと思います。
各団体で作られた色とりどりのプラカードやのぼりによって解消法をよりアピールできたのではないかと思います。
約1時間半をかけて広島の中心街を練り歩き、途中で解消法についてのビラを配ったりして周知しました。当日配布したビラはコチラです。
最後に参加してくださった皆様と一緒に記念撮影!
おかげさまでとても充実したパレードとなりました。
当日の様子をご覧になりたい方はコチラへどうぞ。

障害者差別解消法とは…
 この法律は、国や市町村といった役所や、会社やお店などの民間事業者の、障害がある人に対する「障害を理由とする差別」を無くすための決まりごとを定めたものです。
 障害のあるなしに関わらず、すべての人が分け隔てられることなく、お互いの人格と個性を尊重しあいながら共生できる社会を作ることを目的としています。
内閣府の障害者差別解消法についてのページはこちら

2016.3.23 中国新聞にパレードの記事が載りました!



3月23日の中国新聞に障害者差別解消法とパレードについての記事が掲載されました。
川本代表と畑事務局次長がインタビューに応じ、菓子博の事例を踏まえて解消法への思いを記者の方に伝えました。
より多くの方に解消法とパレードについて知っていただけたらと思いますので、是非注目してみてください!
PDFはコチラ

2016.2.7 ILPセミナー「TOMODACHI ADA25 LEAD ON! TOUR 報告会」

 2月7日(日)にILPセミナー「TOMODACHI ADA25 LEAD ON! TOUR 報告会」が開催されました。当日はたくさんの方々にお集まりいただき、大変にぎわいました。
松井恵子さん(CIL宇部)、井谷重人さん(CIL星空)を講師としてお招きし、ツアーの様子を報告していただきました。
 法律の誕生日を祝うというのはアメリカならではのイベントであること、記念パレードでは先頭が見えないほど参加者がおり、街全体で盛り上がりを見せたこと、言葉の壁に苦戦しながらも、たくさんの障害当事者と話ができたことなど、アメリカ(ワシントン)での出来事を、笑い話も交えながらお話ししていただきました。
 休憩をはさみ、第2部は井谷さんはバークレーとニューヨークでの体験、松井さんはシカゴでの体験の報告です。総括として、アメリカでは、障害者も人としてみられるということが当たり前の考え方としてあるということ、機会均等であるがゆえに当事者自身のパワーがないとアメリカでは暮らしていけないことが報告されました。
 最後に、当日来場された皆さんと記念撮影をして終わりました。
 アメリカでの障害者に対する考え方と街の雰囲気が良くわかる内容だったと思います。



2015.12.20 もちつきレクリエーション

20日(日)に、設立母体のめざす会主催の餅つきレクリエーションが行われました。天候にも恵まれ、楽しく餅つきをして交流をしました。今年は、恒例の白餅に加え、「紅餅」「よもぎ餅」もつきました。子どもたちもたくさん参加してくれて、わいわいにぎやかなレクリエーションになりました。


2015.11.12 田部正行さん(86歳)の戦争体験を学ぼう!
 戦争体験ビデオ上映会!!&インタビューコーナー!!

 田部正行さんの戦争体験ビデオ上映会が、11月12日(月曜・祝日)に行われました。
 実は、田部さんの体調が1〜2週間前からあまり良くなくて、当日も出席が危ぶまれていましたが、ふたを開けてみれば皆の心配はどこへやら、上映会と、その後のつどいも合わせた長時間、最後までしっかり参加して下さいました!
 ビデオは、田部さんが古希のときに作成されたもので、当時の写真をはさみながら田部さんがその頃の生活や被爆時の町や人、家族の様子や想いを語る姿が記録されていました。こちらのミスにより一部が上映されず、ご迷惑をおかけしましたが、その分、田部さんの生インタビューをたくさん聞くことができました。戦後70年のこの年に、被爆された田部さんのお話を聞くというのはとても貴重でとても意義のあることだったのではないかと思います。
 また、祝いのつどいのほうでは、メッセージを頂いたり、お花等のお気持ちをいただき、ありがとうございました。懐かしい方々との再会もあり、とても喜んでおられました。
 当日上映されたビデオは、YouTubeにアップされておりますので、是非ご覧ください。
動画はこちら

2015.8.23 佐々木千津子3回忌のつどい
  ―強制不妊手術という人権侵害を「忘れてほしゅうない」

 8月23日に西区地域福祉センターにて、『佐々木千津子3回忌のつどい―強制不妊手術という人権侵害を「忘れてほしゅうない」』が開催されました。会場には、佐々木さんが乗っていた車いすや、写真などの遺品、佐々木さんが着ていたカラフルな服で作られたメモリアルキルトが飾られました。
 つどいが始まり、まずは強制不妊手術の不当性を訴えるDVD「忘れてほしゅうない」の上映です。DVDには、佐々木さんがどういった経緯、想いを持って不妊手術を受けさせられたか、真実究明のためにどんなことをしてきたのかなどが映像に残されていました。会場からは「久しぶりに佐々木さんの顔を見れて懐かしかった」などの声も上がりました。
 次に、「優生手術に対する謝罪を求める会」の利光恵子さんよる、強制不妊手術に関する講演です。
日本では優生保護法の下、「不良な子孫の出生を防止する」ため、本人の同意によらない手術が行われてきました。佐々木さんの場合では、その優生保護法でさえも認めていない方法(コバルト照射)によって生殖機能をなくし、その後遺症に苦しんできました。法律が改正された今でも、障害のある女性が婦人科系の病気にかかると、医療側から安易に子宮や卵巣摘出を持ちかけられるという話を聞くそうです。
 最近の動向としては、宮城県の飯塚淳子さん(仮名)が自分が受けた強制不妊手術は不当なものだったとして人権救済の申し立てをされたそうで、この問題についての検証や国に対して謝罪や補償を求めるといった動きが活発になっています。
最後に利光さんは「障害のあるなしに関わらず生み育てることができる社会、あるいは将来があろうとなかろうと生まれてくる命をみんなで歓待できるような環境、子どもを生まない・生めない女たちに対する差別のない社会をつくるためにも強制不妊手術の問題にしかるべき対応を求め続けていきたい」と仰っていました。
 この問題を風化させないよう、佐々木さんの想いを引き継ぎ、決して忘れないようにしなければならないと思います。


前のページ


障害者生活支援センター・てごーす

〒733-0025
広島県広島市西区小河内町2丁目7-5

TEL 082-294-4185
FAX 082-294-4184
mail tego-s@nifty.com