本文へスキップ

てごーす用語集TEGO-S WORDS

介護センターぽわっと

 てごーすが運営する介護サービス事業所。重度訪問介護を中心に、居宅介護、移動支援、介護保険の訪問介護のサービスを提供しています。また、公的な制度が利用できない方のために自主事業としての介護人派遣も行っています。

かっぱのへん!

 てごーすと、設立母体であるめざす会(地域で生きる教育とくらしをめざす会)の機関誌。障害者の生活や教育に関わる情報、てごーすやめざす会の活動報告などを満載しています。「かっぱのへん!」とは、「へのかっぱ(簡単にできること)」の逆さま「かっぱのへ(共育共生という困難)」に「へん!」と元気に取り組む心意気を表しています。

コーディネーター

 コーディネーターは、シフト管理・調整、利用者や介護スタッフからの相談への対応、重度訪問介護従業者養成研修の講師、新介護スタッフの公募など、介護派遣に関わる様々なことを担当しています。

JKバンド

 事務局バンドの略。事務局スタッフ中心に、ギターやトランペットなどの楽器を弾いたり歌ったりしています。メンバーは固定ではなく、その場にいる人の中で楽器を弾ける人や歌える人を誘っていくスタイル。主に忘年会等のイベントで登場しますが、現在活動休止中。メンバーは随時募集しています。

社長と会長

 てごーすでは架空の役職。社長は村上、会長は川本のこと。川本がふざけて村上のことを「社長!」と呼ぶと、それに応えて村上が社長より地位の高い「何ですか、会長」と返すのがいつものやり取り。最近はどうやら副社長もいるらしいです。

自立生活体験室

 「自立生活をしてみたいが自信がない」「自立生活をするにあたって何をしていけばいいかわからない」といった悩みを抱えている障害者のために、体験室に泊まってみたりすることで不安を解消することを目的としたものです。
写真はこちら

自立生活プログラム(ILP)

 障害者が自立生活に必要な心構えや技術を学ぶ場です。プログラムの形態は、個人プログラム、グループプログラムの2種類があります。参加対象者の生活経験や年齢、障害の種類などを考慮して様々な内容のものを企画しています。ILPのリーダーは障害をもつ当事者が担当しますので、安心して相談、質問ができます。

相談支援センターゆるっと

 ゆるっとは「地域移行支援」「地域定着支援」を行う一般相談支援事業所です。自立生活を始めるため・軌道に乗せるためのさまざまなサポートを行います。

地域で生きる教育とくらしをめざす会(通称めざす会)

 てごーすの設立母体の市民団体。1985年に、障害児・者の地域での共育・共生をすすめるため、「地域で共に学びあう教育をめざす連絡協議会」として設立されました。教育・保育にかかわる相談や、普通校への就学、高校への進学の支援、障害者問題全般についての情報発信、レクリエーションや「障害者と健全者の大交流サマーキャンプ」などの行事を行ってきました。1988年に現在の名称へ変更しました。

てごーす○○部

 てごーすにはいろんな部活が存在している。折り紙部や園芸部やラーメン部、バー部など、活動は多岐にわたる。飽きたら自然に活動休止になるようなゆる〜い活動をしています。

ピア・カウンセリング

 仲間(ピア)である障害者同士が互いに対等な立場で話を聞きあい、精神的なサポートを行うと共に、自立生活をするうえでの具体的な情報提供を行うもので、ILPと密接につながっています。

めざす会・てごーす鉄道バス友の会

 20数年前から存在するてごーす最古参のグループ。鉄道とバスが好きな人たちが有志で集まって、鉄道ネタをつまみに酒を飲みながら盛り上がる会。


障害者生活支援センター・てごーす

〒733-0025
広島県広島市西区小河内町2丁目7-5

TEL 082-294-4185
FAX 082-294-4184
mail tego-s@nifty.com